ファミリーテント(4名〜)
Family Tent

ファミリーテント(4名〜)

찾다

そもそもファミリーテントとは?

キャンプで、家族の寝室やくつろぎスペースとなるテント。中でも「ファミリーテント」とは、家族がゆったり過ごせる「大きめのテント」を総称した呼び方です。

もちろんファミリーキャンプだけでなく、大勢の仲間とワイワイ楽しむグループキャンプでも活躍します。

後悔しないファミリーテントの選び方

テントは、アウトドア用品の中でも値段が高い部類に入ります。使ってから「失敗した!」と後悔しないように、以下の5つのポイントを押さえて、ファミリーテントを選びましょう。

  1. テントの形状を確認する
  2. 使用時人数+1を基準に選ぶと◎
  3. 素材で選ぶ
  4. オールシーズン使用可能がおすすめ
  5. 機能性にも注目

それぞれのポイントを詳しく紹介します。

選び方①テントの形状を確認する

テントは形状によって、いくつかのタイプに分かれます。以下の5つがテントの代表的なタイプです。

タイプによって、使い勝手やメリット、デメリットが大きく異なります。各タイプの特徴をしっかり押さえて、家族のキャンプスタイルに合うタイプを選びましょう。


メリット

デメリット

ドームテント

・設営が簡単

・タープが必要

2ルームテント

・タープが不要

・リビングスペースと寝室を分けられる

・収納サイズが大きい

・やや重い

・1人では設営が難しい

シェルターテント

・アレンジが豊富

・タープが不要

・宿泊にはインナーテントが必要な場合も

ティピ―型(ワンポールテント)

・設営が簡単

・可愛らしい見た目

・タープが必要

・天井付近は閉塞感がある


ロッジ型テント

・居住性が高い

・可愛らしい見た目

・タープが必要

・重い


ドームテント

2本のポールをクロスさせて、骨組みにする「ドームテント」。

設営や撤収が簡単なので、初心者でも扱いやすいでしょう。1人でも設営できるので、目の離せない小さい子供のいるファミリーキャンプにもおすすめです。

2ルームテント

名前通り、寝室とリビングスペースの2部屋ある「2ルームテント」。タープ要らずでキャンプが楽しめます。

寝室とリビングスペースがドッキングしているので、小さい子供に目が行き届きやすい点がメリットです。

またリビングスペースもフルクローズ(閉め切ること)できるので、風雨が強い日や冬キャンプでも快適に過ごせます。

デメリットとしては、サイズが大きく重いため、持ち運びにくい点、1人では設営が難しい点が挙げられます。また帰宅後に手入れする際は、広いスペースが必要です。

シェルターテント

床のない形状の「シェルターテント」。四方の壁は開放することができ、テントとしてだけでなくタープとしても使用可能です。

シェルターテントは、大人数のリビングスペースとして、コット(簡易ベッド)を使って寝室として、さらに、インナーテントを装着して2ルームテントとしてなど、さまざまなアレンジが楽しめます。

ティピー型(ワンポールテント)

中心に設置するポール1本のみが骨組みの「ティピー型テント」。ワンポールテントとも呼ばれます。

一番の魅力は、とんがり屋根の可愛らしい見た目。見た目より設営は簡単で、慣れてくれば1人でも設営できます。

テント内の天井付近は傾斜しているため、やや閉塞感があるのはデメリットです。

ロッジ型

名前の通り、山小屋のような形の「ロッジ型テント」。レトロで可愛らしい見た目が一番の魅力です。テント内は天井が高く、自宅にいるような開放感があります。

デメリットとしては、骨組みの素材によっては、重量があり持ち運びには不便なことが挙げられます。

選び方②使用人数+1を基準に選ぶと◎

テントは、何人で使うかも考慮すべきポイントです。

ほとんどのテントには「使用人数」が設定されています。使用人数はギリギリ寝られる人数で設定されるので、実際に使用人数ぴったりで使用するとやや窮屈に感じます。

寝る時もゆったりしたスペースが欲しい方は、「使用人数+1」のテントを選ぶとよいでしょう。

選び方③素材で選ぶ

テントに使われる素材は、以下のような種類があります。

  • ポリエステル素材
  • ナイロン素材
  • コットン素材
  • TC素材

素材によって特徴があり、使い心地も大きく変わります。各素材の特徴を押さえて、家族のキャンプスタイルに合うものを選びましょう。

リーズナブルな価格で展開されている「ポリエステル素材」

最も多くテントに用いられるのが「ポリエステル素材」です。何かと出費が多いキャンプ初心者に嬉しい、リーズナブルな価格が魅力です。

軽量で扱いやすく、速乾性があり手入れが楽な点がメリットですが、火の粉に弱く、穴が開きやすい点はデメリットと言えるでしょう。

軽量&強度の高い「ナイロン素材」

非常に軽量で、破れにくく耐久性が高い「ナイロン素材」。速乾性も高く、手入れも楽に行えます。

熱に弱いので、火を取り扱う際は注意が必要です。また値段が高価な点もデメリットになります。

結露が起きにくい「コットン素材」

風合いがよく夏は涼しく、冬は暖かい「コットン素材」。通気性が良く、結露しにくいので一年中快適なキャンプが楽しめます。

難燃性に優れており、薪ストーブや焚き火の火の粉でも、穴が空きにくい点もメリットの一つです。

デメリットとしては、他の素材に比べて重量が大きいことが挙げられます。乾きにくく手入れに手間が掛かる点も考えて選びましょう。

ポリエステルとコットンの良いとこ取りをした「TC素材」

ポリエステルとコットンの混紡素材である「TC素材」。「ポリコットン素材」とも呼ばれます。

TC素材は、ポリエステルとコットンの良いとこ取りをしたバランスのいい素材です。

ナイロンやポリエステルには及びませんが、コットンよりは軽量で速乾性に優れています。コットンには及びませんが、ポリエステルやナイロンより難燃性や通気性に優れています。

選び方④オールシーズン使用可能がおすすめ

テントには、春・夏・秋の3シーズンタイプとオールシーズンタイプがあります。

オールシーズンタイプのテントは、裾部に冷気の侵入を防ぐスカートが付いていたり、薪ストーブ用の煙突穴が空いているなど、防寒性の高い素材が採用されています。

春・秋の肌寒い時期にキャンプする方や、ゆくゆくは冬キャンプも楽しみたい方は、オールシーズン向けのテントを選ぶといいでしょう。

選び方⑤機能性にも注目

快適にキャンプを楽しむためには、機能性にも着目する必要があります。注目したい機能性をいくつか紹介します。

耐水圧

テントを選ぶ際に、重要なのが耐水圧です。耐水圧が十分でないと、雨水がテント内に浸みこんでしまいます。

1,500〜2,000mm程度の耐水圧があれば、快適にキャンプを楽しめるでしょう。

耐水圧は高すぎると、通気性が落ちてしまいます。夏キャンプで暑苦しさを感じてしまうので、夏にキャンプをする方は適度な耐水圧のテントを選びましょう。

拡張性

テントに関する用語でよく聞くのが「拡張性」。拡張性とは、テントを通常使用するだけでなく、形状をアレンジしたり、他のテントやタープと連結する機能のことです。

例えば、ドアパネルをポールで跳ね上げて「ひさし」にできるテントであれば、タープ無しで快適にキャンプを楽しめます。

またインナーテントが取り外し可能なテントであれば、2ルームテントとしてだけでなく、大人数のリビングスペースとしても使えます。

他のテントやタープ、車と連結できるテントであれば、互いの行き来が楽になり、雨の時も濡れずに便利です。

ベンチレーション

ベンチレーションとは、テントの換気口のことです。

ベンチレーションがあれば、夏でも空気が籠りにくく、暑さを軽減できます。雨天時や冬キャンプでは結露を防止。また薪ストーブや石油ストーブを使う際も、一酸化炭素中毒を防ぐ役割を果たします。

設営しやすい機能

近年は、ポンプで空気を入れて設営するテントや設営を補助するパーツ付きのテントなど、設営しやすい機能が付いた製品が増えています。

そういった機能が付いていれば、大型テントでも1人で設営が可能になり、特に目の離せない小さい子供のいるファミリーには嬉しい機能です。

メッシュ素材

夏キャンプの大敵は蚊やアブ、ハチなどの虫です。ドアパネルや壁面、インナーテントにメッシュ素材が採用されたテントなら、涼しさをキープしながら、嫌な虫を寄せ付けません。

TOKYO CRAFTSのファミリー・グループ向けのアウトドアテント

TOKYO CRAFTSにも、ファミリー・グループキャンプにぴったりなアウトドアテントを揃えています。

ここからは、多彩なアレンジが可能なシェルターテント「ウィングフォート」を紹介します。

ウィングフォート

TOKYO CRAFTSのシェルターテント「ウィングフォート」は、季節、天候、場所、あらゆる変化に対応できるオールラウンドシェルターです。

シェルターテントとしては画期的な二重構造を採用し、アレンジのバリエーションがさらに広がりました。

二重構造の外側のアウターパネルを、別売りのポールを使って跳ね上げれば、くつろぎスペースがさらに拡張します。

ウィングフォートの大きな特徴は、アウターパネルを跳ね上げたまま、中のメインパネルをフルクローズできる点。睡眠時や突然の強い風雨では、アウターパネルを跳ね上げたまま、さっと閉め切った空間が作れます。

さらにアウターパネルを跳ね上げたまま、メインパネルをフルメッシュ仕様にもでき、夏キャンプでも嫌な虫を気にせず過ごせます。

アウターパネルは、跳ね上げるだけでなく、ペグダウンも可能。目隠しとしても有効です。

テント本体は8面がメッシュパネルになっており、さらに上部にベンチレーション付きで、風通しは抜群。雨天時や冬キャンプでの結露を防止する役割もあります。天井部分には遮光性の高い生地を採用しているので、夏でも涼しい空間が作れます。

テントの裾部にはスカート付きで、冷気の侵入をシャットアウト。冬キャンプも快適に過ごすことができます。

大人4人がゆったり寝られるインナーテントが標準装備され、2ルームテントとしても使用可能。ファミリーキャンプやグループキャンプにぴったりのテントです。

またTOKYO CRAFTSにはテンビ(ソロからファミリーまで使用できるシェルター)も揃えています。ぜひ合わせてチェックされてください。

機能性の高いファミリーテントでキャンプを快適に

ファミリーキャンプを快適に楽しむためには、家族のキャンプスタイルに合ったテント選びが重要です。

今回、紹介した選び方のポイントをしっかり押さえて、家族にぴったりのテントを選びましょう。

お気に入りのファミリーテントを選んで、家族でアウトドアライフを思う存分楽しんでくださいね。TOKYO CRAFTSではキャンプ・アウトドア用品を多数取り揃えております。キャンプテーブル焚火台コットシェラカップテントランタン 、囲炉裏テーブル 、など様々なキャンプ道具を購入することができますのでぜひご覧ください。

더 읽으십시오

최근 항목